管理機能

管理者はチームの方針やセキュリティポリシーに合わせて Jector を運用・管理することができます。

ユーザを管理する

管理者はチーム内のユーザを一覧で管理・作成することができます。
何百人のチームメンバーも、CSV インポートで一括登録が可能です。各ユーザには、メールアドレスやアカウント名、姓名に加え、会社名や部署名、役職も設定することができます。
各ユーザが使用している容量を一覧で確認したり、ユーザの情報を変更することも可能です。

操作を把握する

チーム内で行われた操作を管理することができます。
ログイン・ログアウトの履歴はもちろん、プロジェクトフォルダの作成や共有解除・ファイル便送信・パスワードの変更の履歴なども確認することが可能です。
ログはユーザページから確認でき、CSV ファイル形式でダウンロードすることも可能です。

詳細はこちら

チームを管理する

チーム内の情報管理や、細かい設定を行うことができます。
ユーザページの「ダッシュボード」からは、契約容量や全ユーザ数に加え、現在チーム内で作成中のプロキシファイルと作成の進捗がリアルタイムで確認できます。
他にも、ユーザの face アイコンをグループごとに統一する・メールの文面にグループ名も含めて表示する・チームに画像を設定するなど、チームの運用に合わせて細かい設定が可能です。

また、チーム管理者は、チーム全体に共有したいことがある場合、お知らせ機能を使用して自分のチームのユーザ全員にメッセージを送ることができます。

セキュリティを強化する

管理者はチームのセキュリティポリシーに合わせて、Jector のセキュリティを強化することができます。
アカウントを持たない方と使用するファイル便・リクエスト便のパスワード必須設定、一般ユーザのパスワード強制変更、一般ユーザの情報変更権限の制限などが可能です。

また、オプションで 2 段階認証の強制や IP アドレス制限も設定することができます。なりすましを防止したい、特定の場所からのみアクセスさせたいなどのご要望にお答えすることができます。
詳細は こちら までお問い合わせください。